2010年08月30日

外貨預金とは〜後編

外貨預金といっても、USドルやユーロ、オーストラリアドルなどさまざまあります。

外貨預金をする1つの目的は、

日本に比べ利回り(インカムゲイン)が良いこと。


ご存じの通り、日本の銀行金利は長い間ほぼゼロの状態が続いていおります。

先日も日銀が追加の金融緩和を発表しており、当分この状態が続くものと思われます。

それならば金利に高い外貨で預金しようと考える方も多いはず。

では今、諸外国の政策金利はどのくらいなのでしょうか?


アメリカ:0.25%

イギリス:0.5%

ユーロ圏:1%

オーストラリア:4.5%

日本:0.1%


2年前(2008年8月)はどうだったかと言うと、、、

アメリカ:2%

イギリス:5%

ユーロ圏:4.25%

オーストラリア:7.25%

日本:0.5%


サブプライム問題もあり、当時から比べると金利は大幅に低下しております。

言い方を変えると、日本との金利差が縮小していることになりますね。


つまり以前に比べて外貨預金におけるインカムゲイン(金利収入)は、見込めなくなっています。


まずはこの点を理解して下さい。


今から外貨預金をするのであれば、次に述べる”キャピタルゲイン”を狙いに行くことになります。

外貨預金でキャピタルゲインに相当する部分は、為替差益です。

預金をした外貨が値上がりすれば、為替差益(キャピタルゲイン)が生じます。

つまり”円安”になればいいのです。


次回は、為替について書きます。

最後まで読んで頂きましてありがとう!


関連商品はこちら⇒外貨預金

【外貨預金の最新記事】
posted by かわせ at 21:01 | Comment(0) | 外貨預金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。