2010年09月20日

外貨預金 榊原英資の為替相場間


為替動向に関する榊原英資氏が日経ビジネス(9月20日号)のインタビューに以下の様にコメントしていました。

ご参考まで紹介します。



ポイントをまとめると、、、

・年末か年度末までに円の最高値(79円75銭)を突破する
・日本単独の為替介入は効果が薄い。
・アメリカと相談し”米国のドル安容認”の姿勢を再確認し、どこまでの為替水準なら容認するのか
 をはっきりさせるべき。このプロセス抜きには為替介入をしても効果は薄い

榊原英資氏が考える円高対策

・金融緩和
・海外投資の促進
・アメリカとの協調

海外投資の促進について詳しく述べると、

・政府系ファンドを作り、海外の資源を買ったり、海外企業を買収したりする。
・海外へ出て行く民間資本を優遇する措置をとる

そうすることで円安効果がうまれ、同時に為替介入も実施すると効果が大きい、とのこと。


上記のコメントは、日本の独力で為替を円安に持っていくための政策提言ですね。



個人的には今の円高はドル安なので、円安にすると言う感覚よりドル高にするにはどうすればいいか?

と言う観点で見ています。

アメリカ経済が復活するればドル高になって行きます。

経済はサイクル(波動)なので、そのサイクルの底を探すことに主眼を置いています。


確かに榊原英資氏がおっしゃることは良くわかるのですが、日本がその様な政策を取るとは思

えませんし、取ったとしてもどの程度効果があるのか見えづらい。。。


榊原英資氏と共通している見解は、為替が最高値を近々更新するということ。


最高値を更新した後は、どこまで高くなるか分かりませんが、その後の戻りは早いと思っています。


外貨預金のタイミングが近づいてきている様です。

関連商品はこちら⇒榊原英資
関連商品はこちら⇒外貨預金




posted by かわせ at 13:45 | Comment(0) | 外貨預金 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。