2010年09月20日

外貨預金 榊原英資の為替相場間


為替動向に関する榊原英資氏が日経ビジネス(9月20日号)のインタビューに以下の様にコメントしていました。

ご参考まで紹介します。



ポイントをまとめると、、、

・年末か年度末までに円の最高値(79円75銭)を突破する
・日本単独の為替介入は効果が薄い。
・アメリカと相談し”米国のドル安容認”の姿勢を再確認し、どこまでの為替水準なら容認するのか
 をはっきりさせるべき。このプロセス抜きには為替介入をしても効果は薄い

榊原英資氏が考える円高対策

・金融緩和
・海外投資の促進
・アメリカとの協調

海外投資の促進について詳しく述べると、

・政府系ファンドを作り、海外の資源を買ったり、海外企業を買収したりする。
・海外へ出て行く民間資本を優遇する措置をとる

そうすることで円安効果がうまれ、同時に為替介入も実施すると効果が大きい、とのこと。


上記のコメントは、日本の独力で為替を円安に持っていくための政策提言ですね。



個人的には今の円高はドル安なので、円安にすると言う感覚よりドル高にするにはどうすればいいか?

と言う観点で見ています。

アメリカ経済が復活するればドル高になって行きます。

経済はサイクル(波動)なので、そのサイクルの底を探すことに主眼を置いています。


確かに榊原英資氏がおっしゃることは良くわかるのですが、日本がその様な政策を取るとは思

えませんし、取ったとしてもどの程度効果があるのか見えづらい。。。


榊原英資氏と共通している見解は、為替が最高値を近々更新するということ。


最高値を更新した後は、どこまで高くなるか分かりませんが、その後の戻りは早いと思っています。


外貨預金のタイミングが近づいてきている様です。

関連商品はこちら⇒榊原英資
関連商品はこちら⇒外貨預金




posted by かわせ at 13:45 | Comment(0) | 外貨預金 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

外貨預金の手数料に関して

外貨預金の手数料に関しては今一度おさらいします。

外貨預金を扱っている日本の大手銀行の外貨預金に関する手数料は以下の通りです。

(2010年9月現在)
三菱東京UFJ銀行 円⇒USドル 1円/1j

みずほ銀行 円⇒USドル 1円/1j

三井住友銀行 円⇒USドル 1円/1j


概ね1円/1jかかります。

100万円のドル預金をするとなると現在83円/1jですから、手数料は約12,000円。

預けるだけで-1.2%になります。

さらにしばらくして円で引き出す時に、改めて1円/1jの手数料がかかります。

為替が一定でしたら往復で2.4%の手数料がかかるわけです。

ちなみに100万円をドルで1年間三菱東京UFJ銀行の外貨普通預金に預けた時の金利は、100円です。

0.01%しか金利がつかないのです。

参考サイトはこちら⇒三菱東京UFJ銀行の外貨普通預金金利一覧



以前の様に数%の時は金利で手数料をカバーできましたが、現在は手数料の方が高くなっています。


このブログの最初の方でもしてきましたが、現在外貨預金をする最大のメリットは、

キャピタルゲイン(為替差益)を取りに行くこと。


その為には手数料の安いFX業者を使うべき


と言うのが私の見解です。

FX業者なら手数料はほぼゼロ!(1銭/1j程度と外貨預金の1/100)


また前回のブログでも書きましたが、FX業者は仮に倒産しても顧客資産は分別管理しているため、全額

保護されます。(銀行の場合、外貨預金はペイオフの対象外なので、保護されません)。

FXの口座開設はこちら⇒オンライン口座開設

関連商品はこちら⇒外貨預金 手数料






posted by かわせ at 16:54 | Comment(0) | 外貨預金 手数料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。